沖縄県民が持つ沖縄警察署に対するイメージ

これは個人的な意見だけでは参考にならないので、ネット上にある「沖縄警察が起こした事件や印象」をリサーチした上で書き綴ります。

※全て2012~2014年の間に起きた事件です。

■沖縄県警 パトカーの無謀追跡で転倒。バイクの男性死亡

17日午前4時47分ごろ、那覇市曙2丁目の交差点で、パトカーに追跡されていたバイクが転倒し、乗っていた近所のタクシー運転手小禄徹二さん(66)が頭などを打ち、沖縄県浦添市内の病院に運ばれたが、約2時間後に死亡した。

那覇署によると、事故の3分前に、那覇市曙1丁目の路上で警戒中のパトカーが、信号無視をしたバイクを発見。停止するよう呼びかけながら追跡したところ、交差点を右折したバイクが道路左側の電信柱に接触した。追跡時の速度は時速20~40キロ程度だったという。同署は「赤色灯をつけサイレンを鳴らして追跡しており、現時点では適切な職務執行と考える」としている。

 

■コメント

これは何ともいえない事件です。逃げたバイクが一番悪いかもしれないし、無謀追跡かは不明。赤色灯つけてサイレンを鳴らすのだって、逆にやらないと周りにもっと迷惑をかけていたかもしれない。

 

■沖縄県警 巡査部長を停職、バイク飲酒運転で処分

沖縄県警は27日、酒気帯び状態でバイクを運転したとして、那覇署地域課の男性巡査部長(56)を停職6か月の懲戒処分とした。巡査部長は同日付で依願退職した。

県警によると、巡査部長は12日未明、那覇市の県道で、バイクで転倒したところをパトカーに発見され、呼気から基準値の3倍以上のアルコール分が検出された。非番だった前日夕から、自宅やスナックなどで飲酒した。巡査部長は18日、那覇簡裁から罰金20万円の略式命令を受け、納付した。

 

■コメント

バイクで転倒してパトカーに発見。そこから6ヶ月の停職処分、自主的に退職(形上かもしれないが)、基準値から3倍以上のアルコール。そして罰金20万円の略式命令。制定された法律はもっと重かったような…

 

■沖縄県警 4500円盗んだ巡査長を停職

沖縄県警は19日、窃盗容疑で逮捕された那覇署地域課の巡査長(28)を、同日付で停職3カ月の懲戒処分にした。巡査長は同日、依願退職した。

県警は、3月24日午後10時ごろから翌日午前0時ごろまでの間、那覇市の飲食店内で、現金4500円が入った20代女性の名刺入れを盗んだ容疑で巡査長を逮捕。那覇簡裁は今月13日、罰金50万円の略式命令を出した。

県警によると、巡査長は逮捕当時、容疑を否認していたが、その後に認めた。飲食店は巡査長17 件の同僚の結婚式2次会会場で、現金の一部は帰宅するタクシー代に使ったという。

 

■コメント

たったの4500円だけど、職が職だから追放されてしまいましたね。しかも同僚の結婚式の二次会会場。お酒が入っているとはいえ、かなり人格が低い人かと。。ただ略式命令がさっきの20万よりも高く、50万円という高さが興味深い。たったの4500円だけど、結構な罪になるんですね。

 

■沖縄県警 警部補拳銃自殺 名護署で

4日午後0時45分頃、沖縄県名護市の県警名護署1階の武器庫内から「ドン」という大きな音がした。署員が中に入ったところ、警務課の男性警部補(36)が頭から血を流し、あおむけに倒れていた。病院に搬送されたが、間もなく死亡。そばに拳銃が落ちていたことなどから、同署は拳銃自殺を図ったとみている。

発表によると、警部補は3月28日付で昇任し、同署に異動。署員の拳銃装備の点検などを担当していた。変わった様子はなく、この日も朝から普段通りに勤務し、昼食後、一人で武器庫に入ったという。

 

■コメント

妙な事件ですね。前々から自殺願望があったのか、仕組まれたことなのか、誤って自分に発砲してしまったのか、とにかく不思議な事件です。

 

とりあえず、ここまでは事実として起こった事件。

 

そして個人的な見解。

 

あまり警察にお世話になった経験はないけど、警察署での沖縄の対応はノーグッドかと。

 

税金で生活しているという意識が足りないのか、単に対応の教育をされていないのか、町の安全を取り仕切る人達がこんな対応で良いのか?というのが正直な感想です。確かにこういった公務員は入るまでに努力をしています。それは認めますが、それからの成長をトップが促していないのか、県によって偏りがあるのかな?と。

 

公務員の中でも警察は特に犯罪と関わる人が来訪するのが多いですから、世の中の人に対して疑心暗鬼になったり、下に見下したりする傾向がもしかしたらあるのかもしれません。

 

だけど、そこをいかに良くしていくのか、どう努力してよいより街づくりにしていくのかがポイントかと感じます。

 

ここで別の話しになるのですが、ビジネス業界においては「トップ以上にダウンが力を発揮することはない」という見方があります。

沖縄警察署でも同じ事が言えるのかもしれません。本当に沖縄を、本当に警察の環境を良くしたいと考えている方々にトップになってもらえる事を切に願います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ