車上荒らしによる盗難やイタズラに合わないための防犯対策

車が被害に合う時にはどんなパターンがあるのでしょうか?

 

そこは犯罪者目線から考えると簡単かもしれません。

 

そこで目的を大きく分けると、盗難かイタズラ。

この2つに分かれます。

 

盗難においては、車上荒らしやナンバープレートの盗難、タイヤなどの特定箇所の盗難、自動車そのものの盗難。

イタズラにおいては、車の特定の箇所に傷をつけられる行為。

 

おおよそ、こういった分かれ方です。

 

ここでまず言えることは、車の特定の箇所に傷をつけられる、つまりイタズラなどの防犯対策は難しいと言えるでしょう。

 

いつ、どこでイタズラをされるかは誰にも分かりません。

 

ただ、事故映像をとるためのレコーダーを搭載していれば犯人を探し当てることや、レコーダーに気づいた犯人はバレる事は避けたいはずなので、犯罪の抑止に繋がるかと思います。

 

次に車上荒らしによる盗難。

まず車上荒らしとは何ぞや?というところですが、車上荒らしとは駐車中の自動車から物品を盗む行為のことを指します。

 

車の中に侵入するのが必須条件なので、そこはセキュリティの高い車であればセキュリティアラームが発動しますが、そうでない車は難なく盗まれます。今でも車上荒らしを行う犯罪者は存在するし、これからも無くなることはないでしょう。

 

次に車の盗難。これは手口によってはお手上げの場合がありますが、一番良くないパターンは、車に鍵をつけたまま一定時間放置すること。

 

日本は比較的治安がよいとされていますが、外国人からするとありえない行為だと言う方もいます。

 

「盗んで下さいと言っているようなものだ」

「それは盗難にあっても仕方ない」

 

そういった感覚だそうです。

 

最低限、車に鍵をつけたまま一定時間放置するのは止めましょう。

それだけでも防犯対策となります。

 

次に対策しておくとさらに効果的なのは「防犯グッズ」

 

今ではかなりその種類も多様化しています。

自転車のタイヤロックのように、ハンドルにロックをかけて暗証番号を押さなければ解除されないタイプ。

ずっと光って防犯を促す、ダミーセキュリティの商品。このダミーセキュリティの商品はおすすめです。

特に夜間に車関連の盗難は多いですが、その夜間で目立つように光を発しています。

普通に光っているだけでなくて、衝撃を与え続けると光の点滅パターンが変わったりするので、犯罪者泣かせの商品とも言えます。

 

このように防犯グッズも様々なので、車の防犯対策を行いたい人は一度確認されても良いかと思います。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ